ダーツ炎上勢パーカー&Tシャツ作りました

TRiNiDAD (トリニダード) ダーツスローマット オルテガ

TRiNiDAD (トリニダード)さんからお洒落でリーズナブルなダーツスローマットが発売されておりました。

Twitterでも非常に人気だったのでご紹介しようと思います。

こちらです。

このダーツマットのすごいところ

非常にリーズナブル | なんと約3000円

参考までに、一番売れていると思われるダーツマットは、おそらくこれです。

値段がなんと三分の一くらいです。

お洒落 | 家投げにもピッタリ

メーカーのロゴが入ったいかにもダーツっぽいダーツマットとは違い、オルテガ柄です。

いかにもダーツみたいな感じではないので、インテリアの一つとして使うにも抵抗がありません。

余談ですが、、、

僕は1982年生まれなのですが、中学から高校くらいにかけて、一時期こういうのが流行った時期がありました。

その後、僕はパンクにはまり、次にロカビリーにはまり、今はステテコばかり履いているおじさんです(笑)

長さがちょうど良い

ダーツボードからスローラインまでの距離は、

  • ソフトダーツは243cm
  • ハードダーツは237cm

です。

スローマットを引くさいにもその点は気にしておいたほうが良いです。

ところが、ダーツライブ2防炎スローマットを自宅に設置すると、かなり短いです。商品の全長自体は300cmあるのですが、スローラインがプリントされている結果、ボードとマットの間に隙間が空いてしまいます。

なぜかというと、上記スローマットは、店舗のダーツライブ用の寸法だからなんですよね。

TRiNiDAD (トリニダード) ダーツスローマット オルテガは、スローラインが引いていないので設置の自由度が高いです。全長も250cmありますから、ダーツボードの厚みを考慮するとかなりちょうど良いです。

オッキなんか使う場合にも便利な長さかと思います。

以下の記事も参考になります。

『【新商品詳細】TRiNiDAD THROW MAT』

何年も前から商品アイデアとして 幾度も話があがってきた スローマット このコロナ自粛で、家投げ環境を 作られた方がかなりいらっしゃると思います この数か月のダーツボードの売れ方が凄かったので… という事で遂に作りました これはダーツバーなどで 使用する業務用ではなく サイズは、約250cm×約50cm このラックタイプのダーツスタンドにも ぎりぎり入るサイズ感にしています 設置環境によって使用する長さが変わってくるのと ソフトダーツ・ハードダーツでの距離の違いもあり 最初の方のサンプルでは、もっと長くしていて マットの上に乗るようにしていたんですが いろんなスタッフに構えてもらうと スタンスの違い・足幅の違いで 軸足じゃない方の足がマットから出るスタッフもいて 右足と左足で多少なりとも高さが変わるのは 嫌がる方が多いんじゃないか… という事で ここをラインとさせていただきました デザインは2種類ご用意してます! シンプルな黒ベースのTRiNiDADロゴ お洒落な感じで部屋を仕上げたい!オルテガ柄 これはもうサイズ感的に キッチンマットにしちゃってもOKです! 素材は裸足で乗ったらふわふわしてて 気持ちいい素材感 裏面は、滑り止めのラバー加工がされてます そして何と言っても、お買い求めやすい価格 でございます~(声高め)!! マットを敷くと、一気に家投げの 雰囲気が上がってモチベーションもアップ! マット内であればダーツの落下で 床にキズが入る事も防げますし! TRiNiDAD(家庭用)THROW MAT ※多少のサイズ誤差は生じますのでご了承ください 素材:表面 ポリエステル / 裏面滑り止め TPE 宜しくお願いします!!!   TRiNiDAD Twitterはこちら TRiNiDAD facebookはこちら

TRiNiDAD (トリニダード) ダーツスローマット オルテガ | まとめ

お洒落で、リーズナブルで、ちょうど良い便利な長さのダーツスローマットです。

関連エントリ

まだ完全版ではありませんが、今まで購入および使用したスローマットをまとめた記事が以下です。参考までにどうぞ。

ダーツのスローマット、テープ、オーキまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です