ダーツ炎上勢パーカー&Tシャツ作りました

シャフトの緩み対策にゴム製Oリング | 簡単な装着方法も記載しました

何とも卑猥なにおいの漂うタイトルになってしまいましたが、、、

シャフトの緩みを防止するグッズに「Oリング」というものがあるのでご紹介します。

シャフトの緩みは非常に気になります!!!

僕は、バレルとシャフトの間付近をグリップするのですが、シャフトが緩んでいるとすぐに気付きます。ちょっとした緩みでも気になってしまいます。

投げるリズムが崩れる原因にもなるので、緩んだり閉めたりはなるべく少なくしたいところです。

Oリングは以下のような商品です。

写真はHarrowsさんのOリングです。シャフトのネジの部分に付けます。

Harrowsさん以外にも、TARGETさんの商品も有名ですね。

ハローズ Oリング 30個セット ブラック
created by Rinker
全3色 ターゲット ダーツフライト パンチホール パンチャー付き ダーツシャフト ダーツシャープ プロテクトフライト Oリング 12ピース
created by Rinker

付け方の理屈は簡単なのですが、2BAのネジの太さよりもリングのほうが狭いので、付けるときにはコツがいります。

アプリケーターという、Oリングを装着するのに便利なグッズもあります。

 

ただ、アプリケーターが無くても付けれます。

シャフトの反対側(フライト側)から装着してやればOKです。

こんな感じで、フライト側は細くなっているので余裕で付きます。

これなら、アプリケーターが無くても問題ないです。

まぁ、僕はアプリケーターを何回か購入したのですが、失くしちゃっただけなんですけどね。。。

そもそも、緩みにくいカーボンシャフトを使うというのも一つの手です。

Harrows SuperGrip(ハローズ スーパーグリップ) カーボンシャフトをレビュー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です