白田 亜利紗プロのサポートグッズ作成しました!

バレルを100均の金属磨きクロスでピカピカに

どうも、武器商人(@BukiDartsBot)です。

お部屋のお掃除がきないことで定評のある僕ですが、リサイクル&クリーニングの会社のサイト運営をやっております(笑)

それはよしとして、バレルを簡単に磨くのに便利な金属磨きクロスをご紹介します。

100均(ダイソー)で購入したこちらの商品です。

金属磨きクロスとは?

金属を磨く用のしっとりした素材感の布です。

ちなみに、研磨剤が入っているので、弱いヤスリのようなものだと考えてもらっていいです。

注意
明らかに重さが変わるほどではありませんが、多少なりとも削れます。したがって、コーディングのしてあるバレルなどに使用すると、剥がれる可能性が高いです。

ダーツメーカーさんでも、バレルリカバリーが当商品の類似商品です。

品質や耐久性を比較するとさすがに劣りますが、100均(ダイソー)で購入できるので【お試し】で使う分には十分だと思います。

かなり小さめの布が一枚だけと、正直なところコスパは良くありません。。

ただ、バレルの大きさと比較してみると、いかにもダーツのバレル磨き用に作られたかのようなサイズ感です。

バレルを磨く下準備

バレルを掃除

汚れが付着した状態で磨くと効果が激減します。

まずは、バレルを掃除します。

最低限、手垢や脂はすべて落としましょう。

それほど状態が悪くなければウェットティッシュで拭き取るだけで大丈夫です。

カットの間に汚れが多い場合は、アルカリ電解水などで洗浄することをおすすめします。

なお、アルカリ電解水についてのレビュー記事も以前書きましたが、こちらも100均(ダイソー)で購入したものです。両方あって損はしないので、ついでに購入しておきましょう^^;

バレル洗浄にアルカリ電解水 | 専用の洗浄液は不要!
注意
僕はダイソーさんの回し者ではありませんし、エッジスポーツさんに親を殺されたわけではありません(笑)

(必要に応じ)バレルをアルミホイルで磨く

バレルの表面にカビや錆(サビ)が付着している場合も磨きの効率が悪くなります。

ヤスリで金属を磨く場合も、荒いヤスリからはじめて、じょじょに細かくしていきます。

それと同じように、荒くざっくりと磨くのをおすすめしますが、一番簡単なのは「アルミホイルで擦る」です。

バレルをアルミホールとアルカリ電解水で磨いて綺麗に!100均だけで手に入る

バレル磨きを試してみた

磨く前のバレル

拡大してよ~く見てみて下さい、バレルに凹凸がありますが、凸部分にぷつぷつした汚れがあります。

磨き方

もはや説明不要ですね。。

ただ単純に擦るだけです。

磨いた後のバレル

カットの溝の間まで磨けたわけではないため写真だとわかりづらいですが、表面はピカピカになっています。

やはり磨いた後のバレルはピカピカ輝いていて良いですね^^

セッティング写真が映える!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です