ダーツ炎上勢パーカー&Tシャツ作りました

【L-style】シャンパンリング(ノーマル、プレミアム、DMC、バックバランス)の重さの違い

どうも、武器商人(@BukiDartsBot)です。

TwitterのTLを見ているといろいろな気付きがあります。

5/14に、L-styleのスポンサードプイレイヤーがセッティング画像だったり、シャンパンリングの重さについてツイートしているのに気付きました。

L-styleが力を入れて発信したい情報なのかな?と思い便乗してブログに書いてみようと思いました。

アイキャッチ画像は安食賢一プロの投稿から引用しました。

5/14に見られたシャンパンリングの重さについての投稿

たくさんあるので、Twitterの窓で「#lstyle」で検索してみてください。ページ下で気になった投稿をチョイスし貼り付けてあります。

選手によって投稿内容は若干違いますが、以下の部分は同じでした。

  • 通常タイプ:0.04g
  • プレミアム:0.09g
  • DMC:0.25g
  • バックバランス:0.4g

ここを強調したいのだろうなと。

ちなみに僕は以前、バックバランスのレビューをしたときに重さは計測済みです。プレミアムタイプだけ持っていなかったため、計測しておりません。

L-Style(エルスタイル)バックバランスをレビュー! | 飛びを安定させるアイテム

ただ、DMCの金属のシャンパンリングはけっこう重いという点は記載していなかったため、以下で補足して説明します。

通常タイプのシャンパンリングの重さ

軽すぎて計測不能だったのですが、0.04gが正しいようですね。

DMCのシャンパンリングの重さ

L-styleの公表データとは若干誤差が出ておりますが、デジタルスケールの誤差でしょう。そもそも、通常のシャンパンリングが0.00gと出てしまうほどですからねw

バックバランスの重さ

L-Styleの公表データとほぼ同じです。0.01gの誤差は許容範囲でしょう。

シャンパンリングとは?

成形フライトで一番シェアの高い、L-Styleの商品で、フライト部分に装着します。

参考までに、主要成形フライトの付け方の違いは以下の記事で書いております。

主要成形フライトの付け方(L,Fit,8Flight,一体型フライト)

何のためにシャンパンリングを装着するの?というところですが、

  • フライトを外れにくくする
  • シャフトを守る
  • 飛びを調整できる

という効果が期待できます。

シャンパンリングの重さによる飛びの違い

僕自身、通常のシャンパンリング(0.04g)とプレミアムシャンパンリング(0.09g)の違いはどうだ?と言われて実感できるほどの腕はありません。。。

しかし、通常のシャンパンリング(0.04g)とバックバランス(0.4g)を比べてみれば、相当違うことは実感できました!!!

バックバランスのレビューにも記載しましたが、もともとバックバランスは飛びを安定させるという狙いで設計された商品らしいです。

黒川智成選手考案
「その名の通り重量を後ろにする究極のシャンパンリングです。後ろ重心にしたい方、バレルがバタついてボードに刺さりにくい方、もう少し重量が欲しい方にオススメです。」
L-SHaft専用。
出典:Amazon.co.jp

ダーツの飛びを見てお尻(フライト)の部分が振られて安定しないという方は、このバックバランスを使うことによって安定することがあります。

騙されたと思って使ってみて下さい(笑)

ちなみに、バックバランス、当初はグレーっぽいもっさりとした色しかなかった記憶がありますが、最近はオシャレなカラーも発売されております。

L-style Back Balance【エルスタイル バックバランス Lシャフト ソフトダーツ
created by Rinker

L-Styleプレイヤーの投稿を一部ピックアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です