ダーツ炎上勢パーカー&Tシャツ作りました

【ドンキ限定】トリニダード ロペス 浅田斉吾プロモデル

どうも、武器商人(@BukiDartsBot)です。

以前、ドンキでやばいバレルを見付けたという話をしたかと思います。

【ドンキ限定】トリニダード サモラ ブラス 松本恵さんモデル

PERFECT女子の年間チャンピオンを5回も獲得しているダーツ界のレジェンド松本恵(まつもとめぐみ)さんのバレル「Zamora」(さもら)のブラスバージョンです。

アウトラインはZamoraと同じで、素材がブラスになっております。その結果、めちゃくちゃ軽いです。DMCのアレ的ですね。。

実は、この商品は別のモデルも出ています。

ソフトダーツプロツアーPERFECTの5年連続年間チャンピオンの浅田斉吾プロモデル【ロペス】です。

注意
浅田プロは2018年にトリニダードからUNICORN(ユニコーン)へ移籍。

タングステンとブラスの比重の違い

その前にちょっと比重について説明します。

タングステンは比重が高い物質です。要するに、小さい割に重いです。それに比べると、ブラス(銅)は圧倒的に軽いです。

実際の数値を記載すると、

  • タングステン=19.30(g/cm3)
  • 真鍮=8.45(g/cm3)

です。

2倍以上違います。

ダーツは競技の性質上、どうしても細い割に重い形のバレルが必要とされます。またある程度のコスパも求められます。

その結果、素材はほぼタングステン一択になっているのが現状です。

ブラスやステンレス製のバレルもあるのですが、かなり太めになってしまうか、軽くなってしまうのが通常です。

当ブログの以下記事も人気ですのでご興味をお持ちの方はぜひ読んでみて下さい。

タングステンバレル(70,80,90,95)パーセンテージによる重さの違い 重いバレルと軽いバレルどちらが良いか?

浅田斉吾プロにもリツイートされた!

こっそりツイートしたつもりでしたが、バレてしまいましたかねw

商品概要

商品名&お値段


ドンキモデル Brass Type Lopezという名前らしいです。この辺のネーミングは、正式名称ではないかもしれません。。。

僕が購入したときは、1280円に値下げされておりました。

パッケージ&同梱物

簡易なパッケージですが、トリニダード感出てますね。

同梱物は、

  • バレル本体
  • シャフト
  • フライト
  • コンドルチップ

です。

トリニダードと言えばコンドルフライトなのですが、このバレルが発売された時期は発売前だったのか、あるいはコスト削減のためなのか、詳しいことはわかりませんが、紙フライトが付属しておりました。

セッティングイメージ

真ん中から後ろが太くなっていて、ずんぐりむっくりしているところが、いかにもロペスですね。すごく握りやすく投げやすいです。

スペック

素材 ブラス100%
重さ 9.9g
全長 39.0mm
最大径 7.6mm

アウトラインはロペス(タングステン)と酷似しておりますが、素材がまったく異なり比重が小さいため、重さはなんと9.9gになっております。

DMCのSUSシリーズと同様、練習用としてはニーズがありそうです。

実使用用では、軽すぎて弾かれやすいかな?という印象です。

【ドンキ限定】トリニダード ロペス 浅田斉吾プロモデル | まとめ

何とまとめて良いかわかりませんが、、、またこういう商品を発売して欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です