白田 亜利紗プロのサポートグッズ作成しました!

DARTSLIVE ZEROBOARD(ゼロボード)の評判・レビュー【家庭用ソフトダーツボード静音性ランキング1位】

どうも、武器商人(@BukiDartsBot)です。

DARTSLIVE ZEROBOARD(ゼロボード)についてレビューします。

ゼロボードは、自宅でダーツをやっているいわゆる「家投げ勢」にとって一番人気が高く売れているダーツボードです。

ダーツライブ ゼロボード ダーツボード ダーツ
created by Rinker

ゼロボードの評価※独断と偏見です

ゼロボードの評価
デザイン
(5.0)
価格
(4.0)
耐久性
(4.5)
刺さりやすさ
(4.5)
取付けやすさ
(4.0)
軽さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

いくつかの指標に、独自に評価をさせていただきました。

どの項目も高評価で、難点をつけにくいダーツボードです。

家庭用ダーツボードで1番おすすめできるダーツボードと言っても言い過ぎではありません!

ゼロボード人気の理由

  • デザインがお洒落(インテリアにも使える)
  • 軽くて持ち運びが便利
  • 比較的リーズナブルな価格
  • 売れていて信頼性が高い

商品情報

出典:Amazon.co.jp

サイズ 直径53.5cm×厚さ3.7cm
プレイングエリア 15.5インチ
重さ 2.0kg
素材 プラスチック
価格 約6,800円

付属品

  • 本体 1個
  • サラウンド 1set
  • 壁取付用ネジ 5個
  • サラウンド留め用両面テープ 4個
  • 取扱い説明書
MEMO
どのダーツスタンドに組み合わせるかによりますが、必要に応じてブラケットなどの設置用部品を購入したほうが良いです。
※後述します。

機能

  • 自動計算機能なし
  • オンライン対戦機能なし

補足情報

  • セグメントのみ交換可能

外箱&本体&付属品

外箱はこんな感じ

本体および付属品

取扱説明書を除くと、

  • ダーツライブ ゼロボード本体
  • ネジ
  • サラウンド

が入っております。

MEMO
サラウンドは、壁などを保護するためにダーツボードに付ける部品のことです。
参考)Harrowsさんのサラウンド


ダーツボードにはダブルラインが的の端にあり、どうしてもダブルを狙わないといけない場面が出てきます。

ボードをちょっと外すと壁に当たってしまうため、サラウンドの使用をおすすめしますが、本体に付属しているのはありがたいです。

ただ、サラウンドの幅が非常に狭いのでこれで間に合うのは上級者だけかもしれません^^;

設置方法やおすすめのダーツスタンド

設置方法は、ダーツボードとダーツスタンド次第になります!!!

ゼロボードの裏面は以下のようになっております。

設置方法は主に3つになると思います。

  • ネジで壁に直付け(おすすめしません)
  • 専用ダーツスタンド
  • 汎用ダーツスタンド

ネジで壁に直付け(おすすめしません)

外側にあるひょうたんのような形のネジ穴を使って止める方法です。

壁に直付けするか、ブリッツァーのダーツスタンドのように板に穴を開けて装着するタイプのダーツスタンドに付けます。

【おすすめ】専用ダーツスタンド

ダーツライブのダーツボード専用のスタンドであれば、ゼロボードに対応しているものもあります。

いちばんおすすめなのがポールスタンドです。

DARTSLIVE(ダーツライブ) ポールスタンド ブラック (ダーツスタンド ダーツ ボード ダーツセット ライブ ダーツ darts stand ダーツ ハイブ) 送料無料
created by Rinker

なんなら、セット商品もあります。面倒な方にはこちらのほうがおすすめです。

【セット商品】DARTSLIVE-ZERO BOARD & DARTSLIVE ポールスタンド ブラック 送料無料
created by Rinker

汎用ダーツスタンド

ダーツライブ ゼロボードには以下のような穴が空いております。

この穴は、ブラケットの装着用のものです。

MEMO
ブラケットというのは以下のような形の部品です。ダーツスタンド側(壁側)とダーツボードにそれぞれの部品を付けることにより、簡単に付け外しができる便利な部品です。
参考)トリニダード ブラケット

汎用ダーツスタンドとしては、ブリッツァーのダーツスタンドがおすすめです。

静音性やいかに?

ゼロボードの静音性を騒音チェッカーで測定したところ、驚くべき結果になりました。

刺さったときの音がほぼしません。

マンションやアパートなど、音を気にしないといけない環境の方にはありがたいですね!
※ただ、夜21:00以降とかは避けたほうが良いと思いますが。。

耐久性

ゼロボードの耐久性についてですが、数ヵ月使用してもセグメントに異常は見られませんでした。

ただ、重いダーツ(バレル)を使用したり、硬いチップを使用したりした場合に、セグメントが破損してしまうことは充分あり得ます。

ゼロボードは、ありがたいことに、セグメントを別売りで販売しているため、セグメント交換すればご自身で修理も可能です。

セグメント一つあたりの値段は安くありませんが、破損するセグメントは限定されることが多く、一度に破損するのは数個程度なので問題にならないかと思います。

ダーツライブ ゼロボードの購入先は

ダーツライブ ゼロボード ダーツボード ダーツ
created by Rinker
【セット商品】DARTSLIVE-ZERO BOARD & DARTSLIVE ポールスタンド ブラック 送料無料
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です